木製建具をアルミサッシへ

鳩ヶ谷本町のアパートで、木製建具からアルミサッシへ交換依頼がありました。


50年ほど前に建てられた古いアパートで、

昭和の香りがする木製建具に並板ガラス(2ミリ厚)が組み込まれている。


外部には木製の一筋と雨戸が備えられているが、

台風の時などは雨戸を閉めていてもガラス戸がガタガタ音を立てる!





懐かしいですね!  今ではあまり見なくなりましたけど

昭和の時代はこんな感じでした・・・




画像が暗くて解りにくいですが、アルミサッシに交換しました!




因みに、雨戸とスチールの手すりはそのままです。


これで、台風が来ても安心して暮らせると、

一人暮らしのおばあちゃんが大変喜んでいました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です